忍者ブログ
Insights/Ideas/Interactions ITとSocialMediaについて書くブログ
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44
人気blogランキング

↑↑↑クリックお願いします!↑↑
カウンター

プロフィール
HN:
よっぱ
性別:
非公開
自己紹介:
よっぱです。
いや、別に酔っ払ってませんけど。なにか?

プロフィール
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、分裂君が取り上げていたのでいろいろ検索して読んでみた。
この手の「プロとアマの違い」について言及してる読み物って結構前からよく見かける。



Web2.0ナビ(笑)
『プロな人』と『アマな人』の違い
http://www.web-20.net/2006/06/post_18.html


>プロ野球選手とアマの野球選手では野球の能力は確かに違うだろうが、それ以上に野球に対する精神的な考え方が違う。
>イチローや松井、サッカーの中田などは違う種類のスポーツ選手であり、得意とするスキルは違うかも知れないが、根本にある『プロ根性』はかなり近いように思える。




Lifehacking.jp
宴の支度 (3) 小さな変化からすべては始まる。「プロ」と「アマ」の13の違い
http://lifehacking.jp/2008/04/difference-of-pro-and-amatuer/


プロ              アマ
1. 人間的成長を求め続ける    1. 現状に甘える
2. 自信と誇り            2. ぐちっぽい
3. 常に明確な目標を指向     3. 目標が漠然としている
4. 他人の幸せに役立つ喜び    4. 自分が傷つく事は回避する
5. 可能性に挑戦し続ける     5. 経験に生きる
6. 思い信じ込むことができる   6. 不信が先にある
7. 自己訓練を習慣化       7. 気まぐれ
8. 時間を有効に習慣化      8. 時間の観念がない
9. 成功し続ける          9. 失敗を恐れる
10. 自己投資を続ける      10. 享楽的資金優先
11. 使命を持つ          11. 途中で投げ出す
12. 出来る方法を考える     12. できない言い訳が口に出る
13. 自分のシナリオを書く    13. 他人のシナリオが気になる

>最初にこれを読んだときの私の反応は、「自分はほとんど右側ではないか!」「なんて駄目人間なんだろう」というものでした。
>しかしゆっくりと一つ一つを繰り返し読んでいるうちに、だんだんと心のなかに小さな変化が生まれてきました。
>「今は全部右側かもしれない、でもどれか一つだけでいいから選んで左側にしようじゃないか」

>今でもこの紙を前にして自分は本当に「プロ」なんだろうかと自問自答することはありますし、たいてい調子が悪いときには、いくつかの項目が右側になっているのに気づかされたりします。

>たぶんこの言葉を書かれた方が「プロ」と「アマ」とを左右にわけて書かれた理由も、「この小さな1点について、君はプロなのか? それともアマチュアなのか?」 という選択を迫ろうとしてのものではないでしょうか。 そしてその積み重ねが、「すごい」プロへの階段にもなっているのです。どの段から上るのかは、人それぞれに選べるようになっています。




分裂勘違い君劇場
単なるプロフェッショナルを超える、「感動を生む仕事」をする人の13の特徴
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080420/p1



基本的にこの手の話ってイチローの話ってよくあげられるけど、そこまでいけるのはプロの中でも一握りなんだろうね。

大学で反町監督が講演に来たときに聴いた話で、
「技術力だけのプロはJリーグには要らない。精神面のプロが必要だ。」
って話があったし。
肩書きだけのプロなんて所詮はニセモノ。
「俺、○○だぜwwwww」とか言っても、そこにあるのはその会社の評価であって、その人個人の評価ではない。




しかし、LifeHacking.jpの中の人が書いたこの相対表ってすごくいいよね。
書いてある通り“点”に着目して検討できる項目に分割されてるのがすごくいいんだろうね。
だからこそ「全否定」ではなく「これとこれは出来てるね☆」みたいな、自己の上昇可能性と現状の把握がしやすい。
(こういうの心理学用語で何て言うんだったっけ?)



てか、この表見てて思ったけど、本気で何かに向かって行ってる人って“プロ”な人が多いんだよね。
この人すごいわぁって思った人、この人は絶対応援したいって思った人、みんななんだかんだでプロ度高い人。

知り合いにそんな人間がごろごろいるのに、そんないい環境に身があるのにもかかわらず、自分自身の現状振り返るとアマなんだよね。(´・ω・)
それがイケテナイ。

Lifehacking.jpの中の人みたく、意識的にもっと自分を変えていかないと。。。

自分の方向性とか、このブログの目的とか、数年後の立ち位置とか、
まだまだ足りてない要素が多いと感じるここ数日でした。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
それで君は何のプロなの?
 プロかアマかの議論って面白いんだけど、じつのところそれを面白がる人はたいていその分野ではアマなんだよね。
 実のところプロはこういう些細なことや本質的でないことにはあまり興味を示さない。
yoi| URL| 2008/05/01(Thu)01:27:50| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
google検索
はてな注目エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
SiteStock


フィードメーター - よっぱ主義。 (β version)
検索ワード








Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]