忍者ブログ
Insights/Ideas/Interactions ITとSocialMediaについて書くブログ
人気blogランキング

↑↑↑クリックお願いします!↑↑
カウンター

プロフィール
HN:
よっぱ
性別:
非公開
自己紹介:
よっぱです。
いや、別に酔っ払ってませんけど。なにか?

プロフィール
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まさに“予想外”の結末です。

iPhone、ソフトバンクモバイルから登場--ドコモは「残念」とのコメント:CNET Japan

ソフトバンクモバイルが6月4日、2008年中にアップルのiPhoneを発売することを公式に表明した。

具体的な発売時期や価格等については「ノーコメント」(ソフトバンクモバイル)といい、現時点でソフトバンクモバイルがこの件について記者会見を開く予定はないという。同社の発表は以下の通り。

この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、アップル社と契約を締結したことを発表いたします。

iPhoneをめぐっては、日本国内でどの通信事業者から発売されるのかが注目されていた。NTTドコモもアップルと交渉しているという噂があったが、ドコモ広報部では「今回の発表は残念」とした上で、「今後の可能性については検討中」とした。「タッチパネルで操作できる端末としては、PRADA Phone by LGなど同様の端末を当社でも提供している」(ドコモ)

また、KDDIはiPhoneの発売について予定はないといい、イー・モバイルも「アップルと話をしていないということはないが、現状で申し上げることはない」とした。


上に“予想外”と書きましたが、個人的な感想から先に書くと「良かった」というのが本音です。

せっかくAppleがiPhoneで世界に向けて「新しい携帯電話の定義」を発信しているのに、
トップシェアに胡坐をかいているような企業が新しいものを生み出せるとは正直思いません。

そういう潮流を生み出すのは、どちらかと言うと、
後ろから“追いつけ追い越せ”で成長してきた企業ではないかなぁと思います。



Softbankはこれからごぼう抜きするかもしれない:shi3zの日記
もはや守りに入ってしまった会社に行くなんてつまらない。そういうところではつまらない社内政治や、硬直しきったシステムを変える力はない。
どうせやるなら、何にでもチャレンジできる、トップとの距離が近い新興企業に飛び込んで、自分の力を試したいと思うのはごく自然だ。


Softbankはこれからごぼう抜きするかもしれない:shi3zの日記
翻ると、ソフトバンクには百戦錬磨の兵達がワーッと押し掛けている。
反対に、かつての王者からは潮が引くように優秀な人が次々と辞めて行く。

これははてなのid:shi3zさんの日記ですが、
これを見ても何か盛者必衰のようなものを感じます。

昨年docomoがPRしていたdocomo2.0の失敗といい、今回の失敗といい、
やはり、衰退はとっくの昔に始まっていたのでしょうか?



ちなみに、過去に「iPhoneはどこのキャリアから?」という切り口でぶった切っている記事を2つ見つけました。

iPhone日本販売、どのキャリアから?:CNET Japan
(2008/01/07 15:44:35 最新投函)


ケータイ業界を知る5人が語った 大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!:ASCII
(2008年06月02日 04時00分更新)


この2つを見比べてみると、
専門分野がITやケータイに特化したジャーナリストの方々が言っている意見・予想と、
他の仕事をたくさん抱えているCNET Japanのパネリストの方々が言っている意見・予想が、
全体的に違っていて面白いなぁと感じました。

そしてそれ以上に面白いと感じたのは、
何故かCNETのパネリストの方々の予想の中にだけ当たりがあり、
残念ながら発表の2日前に予想したというのに、ジャーナリスト陣の予想は全員そろって外れだったということでしょうか。




トップシェアという肩書きの上に胡坐をかいている企業か、追いつけ追い越せで成長している企業か。
iPhone一本を求めている企業か、Google・PRADA・iPhoneと、どこにでも首を突っ込む企業か。

どのような判断でApple社がこのような選択に至ったかわかりませんが、
結局、Apple社が日本という閉ざされたフィールドでのパートナーに選んだ企業はsoftbankだったわけです。

今後“iPhone×softbank”が生み出す、新しい携帯電話の潮流に期待です。



それにしてもNTTドコモ広報部のこの記事での発言は情けないよなぁ。
PR
google検索
はてな注目エントリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
SiteStock


フィードメーター - よっぱ主義。 (β version)
検索ワード








Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]