忍者ブログ
Insights/Ideas/Interactions ITとSocialMediaについて書くブログ
[1] [2] [3] [4
人気blogランキング

↑↑↑クリックお願いします!↑↑
カウンター

プロフィール
HN:
よっぱ
性別:
非公開
自己紹介:
よっぱです。
いや、別に酔っ払ってませんけど。なにか?

プロフィール
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日の話ですが、オープンソースカンファレンス2009に行ってきました。
イベント自体は20・21の二日間開催なのですが、当然の如く平日は参加できず。後日の21日だけの参加です。場所は日本電子専門学校でした。

今回の参加の目的は、
 1番 Linux、Windows 混在環境に効く Windows Server のポイント
 2番 オープンソース地図の時代がやってくる
 3番 ライトニングトーク
の3つでした。

1番目のWindowsとLinuxの件は遅れての参加だったためちょっとしか出れなかったので、後でMicrosoftのブースでいろいろと話を聴いてきました。しかしこちらは遅れた関係もあってメモが取れていないので除外。
そんなわけで、残りの二つについて参加して取ったメモを軽く公開。

前以て書いておきますが、【疑問点】に対して回答的な記載がありますが、実際にすべてを質問したわけではなく、聞ける範囲で聴いたり応対の中で納得したことを記載しています。決して答えられなかったわけではありませんのでご理解ください。


オープンソース地図の時代がやってくる
1.オープンストリートマップとは
自由な地図をみんなで作る世界規模のプロジェクト。2004年にイギリスで始まった。
始めたきっかけは、“アメリカでは地図の利用が自由、だがイギリスでは地図の利用に制約がある。では自分たちで地図を作ればよいのではないか?”という発想の元に始まったらしい。
システムとしてはWikiの発想をベースに白地図にマッピングしていけるアプリケーションを作成した。
2009年2月現在で世界で90000Users。GPSのUpdate件数でも65000Usersいる。User数はここ1年(2008から2009)で一気に増加。
また、2007年の夏にアメリカのフリーの地図のインポートに成功。データ数が急激に増加した。

【疑問点】
・自由とは何?
 →イノベーションのため、地図の書き換えが出来ること

・ではイノベーションとはなんだろう?地図の書き換えが自由に出来たらどんなメリットが考えられるだろうか?


2.OpenStreetMapを見てみる
OpenStreetMapのズームは16レベル。
日本、イギリス、ドイツ等々にコミュニティが存在。
建物情報については、インポートできる場合はインポートしていることもある。基本はフリーハンドによる手書き。
レンダリング(画像化)でスタイルは自由自在。
デザインのレンダリングルールを書き換えることで、スタイルを変更することができる。

・Pabマップ(イギリス)
・サイクルマップ(ドイツ:標高データ等の表示あり)

【疑問点】
・どれだけの国が行っている?
 →国と言うくくりでは行っていない。アメリカの人がインドの地図を書くことも出来る。
 スタートはイギリスだが、発展途上国等の地図が無い国に、GoogleMap等の航空写真を利用して地図を描いている人もいる。

・日本の場合、国土交通省のマップデータがあるはずだが?
 ソース…地図・空中写真・地理調査 - 国土地理院



3.OpenStreetMapを書いてみよう
ハンディGPS、パソコン、インターネットがあればできる。
GPSトラッカーは何でもOK。(下で8000円~上で40万とか)
地図データの収集とUpdate方法
 Garmin等でGPSデータを収集
  ↓
 GPSデータをUPLOAD
  ↓
 エディタでレンダリング

利用するツール
 ・Potlach…フラッシュベースのブラウジングツール
 ・JOSM…Javaベースのクライアントアプリ
GPSデータは、GPXという拡張子なら可能

ライセンスと利用に関しては、データのライセンスはクリエイティブコモンズを活用。商用の活用も認めている。

OpenStreetMap Japanの活動に関して
 OSM Japan…2008年3月に開始
 主に行っているのはリソースの日本語化。
 2009/1/22 GIS Japanの巻頭インタビューに掲載されている。
 OSM Fukushimaと言う団体も存在

【疑問点】
・GPSの精度は?DGPSとかいろいろあるが?
 →最新のものでm単位で誤差は出るが、地図縮尺に直すと極めて小さな誤差になるため問題は無い。
  企業用(DGPS?)だとミリ単位まで誤差を抑制できる。

・地方の山の中の場合、GPSの情報が正確に取得できない場合があるがどのように対応?

・ログのフォーマットは?(何年か前の記憶では、フォーマットがいろいろあった気がするが)

・バスやタクシーにGPSを乗せてロギングしたらある程度のデータが集約して取得できないか?それとも個人で取得することが重要なのか?


と、軽く発散気味ですが。今の方向性としてはビジネスベースではなくて本当にCGMの考え方、Wikinomicsの考え方に忠実に則っているのだと認識しました。でもビジネス化できたらもっと面白いかもしれません。

そんなわけでOpenStreetMap、僕もせっかくなので使ってみたいと思います。

OpenStreetMap Japan 自由な地図をみんなの手に


ライトニングトーク
こちらは個別に8つのライトニングトークがありました。こちらは興味を持ったものだけを。

1.IPA「第2回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」のご紹介:橋本明彦さん/みずほ情報総研株式会社
IPAで行っているオープンソースウェアの活用ビジネス実態調査の結果紹介
過去にOSC島根で協力のお願いをしていた件について、その調査結果を報告

半数以上がオープンソースとしてはLinuxを活用していると回答
また1/3がミドルウェアのオープンソースを活用していると回答
(注意:この中にはJavaも含まれている)
IT技術者の4人に1人がOSS技術者
今後のオープンソースの展開としては、ミドルウェアからDB,組み込み等が増加することが予想される
また使われている言語等のついての割合も調査されている
詳しくはOSSiPediaで。

【疑問点】
・技術者の人数の把握はできているのか?

オープンソース情報データベース OSS iPedia


2.Tech Seminar Timemapのご紹介:さとうようぞうさん
IT勉強会カレンダーはすごい。でも情報量が多すぎて見づらい。そこで。
IT勉強会カレンダーを見やすくしました。

【疑問点】
・個人的にですが、あまりFlashは好みません。何故Flashを選択したのでしょうか?

Tech Seminar Timemap Powered by IT勉強会カレンダー


4.学校現場でのオープンソースの話題:齋藤秀志さん/山形県立寒河江工業高等学校
H19:OSPプロジェクト採択校
OSPプロジェクトに関することは、CECに詳細な情報がある(CEC:コンピュータ教育開発センター
OSPプロジェクトで得たオープンソースの知識を生かして町おこしを検討している。(クラフトマンさがえ)
過去に行ったこと…みこしにLinuxを組み込んでプレゼン

例.
 無線センサーネットワーク(さくらんぼ泥棒対策)
 eさがえネットワーク(学校に集まって勉強会を企画)


本当は7番目にお話していただいた須藤さん(株式会社クリアコード)のmilter managerの話がすごく気になってはいたのですが、プレゼンの下に表示されていたウサギと亀に目が行ってしまい、あまり集中して話しが聞けなくなるという事態に。(Rabbitというアプリらしいですが…)
milter managerについては、こちらを見てくださいませ。

milter manager:milterを効果的に使うためのmilter


そんなわけで、いつかはこのような場で堂々と話が出来ればと思っていますが、いつになることか…。


ちなみにオライリーの記事で紹介されているガチャポンも、しっかりやってきましたよ。
ガチャポンで運試し?Open Souce Conference 2009 Tokyo/Spring
オライリーグッズ
PR
会議や話し合いでたまに、発散してただただ無駄に時間を過ごすことはないでしょうか?自分も最近、話が脱線してしまう話し合いや目的地の見えない議論めぐり合って、そのあまりの無駄さに頭を抱えている一人です。

そんな五里霧中な話し合いを少しでも減らすため、すごく当たり前のことですが議論をする前に整理しておくべきことを整理してみます。


議論をする前に整理しておくべき3つのこと
 1.Goalはどこか(ToBe)
 2.Startはどこか(AsIs)
 3.期限はいつまでか(TimeFrame)

先に挙げてしまいますが、議論をする前に整理しておくべきことはこの3点に集約されるのではないかと考えます。
では以降、個別に考えていきます。


1.Goalはどこか(ToBe)
「目的地のない旅」というとなんかカッコいい気がします。ですが、目的のない議論はただの口論にしかなりえないのです。

Goalを設定しないで闇雲な議論をするのは、真夜中に地図も持たずに山の中でする宝探しに似ている気がします。もしかしたら財宝が見つかるかもしれない、けど、それは存在しえない財宝を探しているだけかもしれないという賭けでもあるのです。

同様に、話し合いで落しどころを決めぬまま闇雲に話すなど、建設的ではありません。もちろんブレーンストーミングで何かを考えるなら、biasを取り払うためにGoalをあえて設定しないパターンもあるかもしれませんが、基本はGoalを設定し、そこに向かって積み重ねるのが最も建設的なProcessではないでしょうか?

会議は宝探しではありません。そこは決して忘れてはいけません。


2.Startはどこか(AsIs)
例えばRPGをやっていて、魔王の居るダンジョンに向かう前に普通だったらパーティーメンバーの装備やステータスをチェックしたり、回復系のアイテムを補充する必要がないかチェックしますよね?パーティーにLvの低いメンバーはいないか、HPやMPは減っていないか、回復アイテムは十分か…普通は確認すると思います。

議論を始める前も同様で、現状はどこにあるのか、何が出来ていて何が足りないか、意識に乖離があるならばどこにあるのか、どれくらいの乖離なのか…これらを認識して議論することは重要です。

会議を開始する際、当然ながらStart地点の意思統一が図れていなければ阿、いくら議論を繰り返しても共通の結論など生まれるはずもありません。当然の如く齟齬が発生してしまいます。

仮にStart地点に乖離があったとしても、その乖離を認識した上で議論を行うのと、認識しないで議論を行うのでは全く意味が違います。

議論の前に共通の土台を持つことはとても重要です。


3.期限はいつまでか(TimeFrame)
これが3つ目。会議という場では意外と漏れがちな要素です。

期限の無い仕事などありません。みな「何時まで」という制限の中でタスクを処理するのが普通です。
しかし議論の場ではなぜか「決めなければならない」という現状が先行してしまい、期限に対する意識が疎かになりがちです。

時間管理は大人の基本です。議論の場でも、熱くなりすぎる前に時間意識を持ちましょう。


この3つを整理してから話し合いに臨むだけで、その話し合いの生産性は高くなるのではないでしょうか?


重要なのはタスクのライフサイクルを意識して行動すること
と、ここまで議論の場にフォーカスを当ててまとめましたが、これはあくまで議論の場だけに特化して必要なものではないです。
あくまでこの3つはプロジェクトマネジメントにも重要な3つの要素だったりします。
これは大きなプロジェクトだけに限らず、一人で行う小さなタスク処理も同様です。現状把握、目標の設定、作業期限の認識、この3つをちゃんと認識して作業を行えば、まず大きな目標からの乖離は発生しないでしょう。

“AsIs”“ToBe”“TimeFrame”、この3つについて整理してから議論に取り組んでみてはどうでしょうか。
 先日JR東日本のシステムトラブルでの利用者への情報提供が甘いんじゃないかと書きましたが、そのシステムトラブルについて原因と対策についても考えてみました。


情報を整理する
 報道された情報を次のようにまとめられます。

[速報]JR東の新幹線がシステム障害で始発から全面停止、復旧は午前8時に延期:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081229/322115/


[続報]JR東の新幹線がシステム障害から復旧、前日データの反映に問題か:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081229/322116/


JR東が新幹線システム障害の原因発表、前日のダイヤ乱れで修正が限界超え:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090105/322199/


 リンク先の情報をまとめるとこのような感じでしょうか。
当たり前の話ですが、問題が起こった時に誠実な対応が取れるか否かは、重要なサービスの一要素だと思います。

ちょっとした説明があるだけで利用者は安心する-Twitterの例-
先日からTwitterのPOST/GETの調子が悪いようで、TwitterWebからのアクセスでさえ、最新のクロールが取れず酷いときで時間くらいの遅れが発生しています。酷い時間帯はPOSTすら出来ませんでした。
こんな時に、何が起こっているのか・いつ復旧する見込みなのか等の正確な情報を利用者に伝えることは非常に重要です。
Twitterの場合は、Twitter Blogを経由して利用者に情報発信をしていました。

Twitter Blog: Don't Blame the Geeks!
http://blog.twitter.com/2009/01/dont-blame-geeks.html


So, What's with the Delays?

Over the last few days, Twitter has been experiencing intermittent delivery delays—we updated the status blog but were fairly quiet here on our company blog because we only knew the symptom, not the problem. Today, we've made some progress. We've discovered a problem in our system's interaction with memcached which intermittently effects the throughput of our timeline processing. Now that we've got visibility into this issue, we are actively working to correct it. To sum up, despite our friends at Mashable clucking "Shame on you" for not anticipating Macworld, we are in fact prepared for exuberant techno-tweeting. However, we are clearly not immune to making mistakes and finding bugs—both of which we do quite publicly on a regular basis.

Twitter Blog: Don't Blame the Geeks!
http://blog.twitter.com/2009/01/dont-blame-geeks.html

残念ながら、日本語版のBlogの方では原因を説明する記事を一切上げていなかったため、あまり利用者に知られることが無かったようです。何らかのルールに則ってBlogを配信しているのだと思いますが、問題が顕著に発生しているのに広報しないのは、Twitter日本支社の対応に問題があったように思います。

Twitterブログ
http://blog.twitter.jp/
ちょっと前に、
「今溜まってるデータを使って新しい発見とかできないかな。データマイニングとか使ってさ。」
ってお話をされて、1週間くらい調べたり本を読んだりして自分なりにいろいろ考えてみました。




情報の垂れ流しから情報の集積へ

まず歴史的な流れから。



歴史
データマイニングの発展には、大量のデータ蓄積が可能となったことが直接的に関係している。デジタル形式でのデータの収集は、コンピュータを用いてデータ解析をすることを念頭に置いて1960年代には既に行われつつあった。リレーショナルデータベースとその操作用の言語SQLが1980年代に出現し、オンデマンドで動的なデータ解析が可能となった。1990年代に至り、データ量は爆発的に増大した。データウェアハウスがデータの蓄積に用いられ始めた。 これに伴い、データベースにおける大量データを処理するための手法としてデータマイニングの概念が現れ、統計解析の手法や人工知能分野での検索技術等が応用されるようになった。

[データマイニング - Wikipedia]より引用






1980年代に出現し、オンデマンドで動的なデータ解析が可能となった。



たぶんこれが最初のデータマイニングが流行した時代なんでしょうね。
…けど、予想以上に流行らなかったようで。



1990年代に至り、データ量は爆発的に増大した。



それが変わる瞬間がこのタイミングでしょうかね、データマイニングが拡がったのは。
拡がった理由としては、


  • 情報コストの低価格化(HDDや半導体の低価格化)

  • Web2.0(笑)の広がりによるデータ蓄積の容易化



  • こんなとこですか?

    “情報を集めやすくなった”ことによって“集まった情報を活用したい”という欲求に拍車がかかって、
    データマイニングに焦点が集まったんですね、わかります。
    google検索
    はてな注目エントリー
    あわせて読みたい
    あわせて読みたいブログパーツ
    SiteStock


    フィードメーター - よっぱ主義。 (β version)
    検索ワード








    Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

    忍者ブログ [PR]